スポンサードリンク

プロフィール

団塊の健康管理士

Author:団塊の健康管理士
FC2ブログへようこそ!

無料メルマガ 【腰痛治療と骨盤体操 ◆お金がかからない腰痛からの解放・究極の秘策】「止めて腰痛、飛んでけ腰痛!悩み相談室」に是非登録お願いします。 登録はこちらから!    ↓


最近の記事

団塊の世代 熟年離婚の危機?
団塊の世代が熟年離婚の危機に!  有り得る働き蜂の結末!   ワーカホリックの悲劇!    最悪の事態を回避するには……
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不都合な真実 ゴア元副大統領の声!
 「不都合真実!」 ゴア元副大統領の声!
   
   ゴア元副大統領が立ち上がって世界に問い掛けている!

   凄いと思う。ゴア氏の使命感・行動力に感動した。

   誰にとって不都合なのか? 

   何が真実なのか? 
  

   是非、一人でもたくさんの人に見て欲しい。
 
   http://www.futsugou.jp/  
   
  (音声が出ますので会社では気をつけてください)
  

   上映館

   六本木ヒルズ 
     http://www.tiff-jp.net/ja/attending/guide/
   渋谷 文化村
      http://www.tiff-jp.net/ja/attending/guide/bunkamura.html


下記は友人からのメ-ルです。



現代社会の担い手は 確かに おとな なのですが。
不都合真実」が 真に現実のものになる頃、大部分のおと
なはおそらく生きていません。

すると、「不都合真実」を一番知っておく必要があるのは、
子どもたちなのではないかと 思うのですが、いかがでしょう


環境教育推進法が定められ、各教育委員会で推進プログラムや
指針が策定され、「環境教育」に取組んでいない学校は無いか
、非常に少ないと思われます。

日常生活に密着した環境教育の効果は、歩みは遅くとも確実で
あり、未来を担う子供たちが「今、どうすべきか」を考えるき
っかけであり、継続の源泉でもあるとは思います。

地道な取組みの継続から生まれるエネルギーは甚大であること
でしょう。

しかしながら、「今、それをしなかったらどうなるのか」を具
体的かつ鮮明なビジュアルで、強烈にインプットするのは、今
の「平和な日本」ではちょっと難しいのかな、とも思います。

話はかなり飛躍しますが、日本の12歳が、1992年のセヴァン
スズキ
と同等のスピーチができるとは 残念ながら思えないの
です。

 ⇒セヴァンのスピーチはこちら
  http://www.mable.ne.jp/~alfalfal/densetu.html

このメッセージを読んで、心が動かない人はおそらくいないで
しょう(と思いたい)。でも、私は、つい最近まで、このスピ
ーチそのものを知りませんでした・・・。

私の勤務先では、このスピーチを題材に環境保全に関する研修
が行われましたので、1000人以上の大人がこのスピーチの内容
に触れていますが、私も含めて、日々の暮らし方が激変するわ
けではありませんでした。

そう。大人は、12歳のセヴァン
「おききしますが、私たち子どもの未来を真剣に考えたことが
ありますか。」
と言わせる生き方・暮らし方・他人との接し方をしているので
す。

不都合真実を一番知らされるべきなのは、それが真実になる
頃、この地球で生きているであろう子どもたちのはず。

特定日曜日に特定映画館で、この映画を500円で見られるとい
う「エコサンデー」というスポンサー企画もありますが、子ど
も同士で、あるいは親子で見に行った後に、環境問題について
意見交換を行うことは 全くイメージできません。

むしろ、映画館を出たとたんに、タバコの吸殻を投げ捨て、半
袖でもいられるくらいに暖房が効いたレストランで注文しすぎ
の食べ物や嫌いな食べ物を残し、紙ナプキンを大量に消費し、
トイレで不要な水を流し、空き缶を捨てる場所に新聞紙をねじ
込み、ごみを分別しないで1箇所に放り込む・・・という「現
実」を目の当たりにし、子どもたちは、その不合理を映画の世
界の恐怖も手伝って「あれは絵空事なんだ!」という理屈で片
付けようとするでしょう。

と、どんどん、悲観的な想像ができてしまいます。
あながち、ハズレでもないと思います。

で、今、一番思うことは。
不都合真実」を特選作品に認定した文部科学省!

この映像を、環境教育資料として、各教育委員会(本当は学校
、と言いたいところ)に無償配布するくらいの気概を見せてく
ださい!ということです。

全国小中学生無料招待でも良いけれど、映画館で見るだけでは
ダメなんです。その後、この映画が伝えるメッセージについて
、「では今何ができる?」と考えないと。

「怖かったね」で終わるのではなく、「あれを食い止めるには
、どうすれば良い?」と、意見交換をし、意識にきちんと落と
し込まないと。

そして、「習慣になるまで実践し続ける」のができるのは、や
はり学校だと思うのです。家庭でも、もちろんできますが、同
じ世代・ちょっと離れた世代と、同じ意識・同じ危機感・同じ
希望を持って何かに取組めるのは、学校なのだと。

未来は 今の積み重ね。

今やるから、未来に結果が出るのです。
今やらないことは、永遠に結果がでません。

今種を蒔くから、未来に花が咲くのです。
蒔かれない種から咲く花はありません。

なんとかできると良いのですけれど。

不都合真実、って、誰にとって不都合なのかって、それは今
を楽しく苦労せずに生きていたい「大人」にとって、ですよね
ぇ・・・。

でも、本当に子供たちに見てもらいたい、そして子供たちに自
分の言葉でこの映画のことを語ってもらいたい、のです。

セヴァンのように。

「どうやって直すのかわからないものを、こわしつづけるのは
もうやめてください。」
と。

☆☆本日のキーワード☆☆
猫 日記 中国 映画 イラスト ゲーム Wii 株 写真 アニメ 音楽 バレンタイン バトン ニュース 動画 犬 クリスマス アフィリエイト サッカー FX Windows Vista 競馬 ブログ 健康 YouTube PSU 銀魂 KAT-TUN ダイエット 

スポンサーサイト

テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://happylifex1002.blog87.fc2.com/tb.php/8-33ef0eb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク


今までどこに行っても、何をしても、いつまで立っても治らなかったあの腰痛が、立った○○をするだけで解消してしまうとは・・・

腰痛解放戦線:http://www.youtsuu1.com/

このブログをリンクに追加する

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。